管理規約や細則を変更するときの手順

管理規約や細則の変更手順

管理規約を変更する際の流れは以下のようになります。(細則も同様です)
これは一例であり実際の作業手順や内容は、ご要望により異なります。

管理規約変更の流れ

1. 現状調査

理事会・改正委員会等にて管理規約変更の目的を確認 マンションの現地調査 現行規約の確認および問題点の洗い出し 組合員に対して、ご意見・ご要望等のアンケート調査

2. 改正案(草案)作成

現状調査の結果、および現行法規等を踏まえた改正案(草案)を作成

3. 理事会・改正委員会等での検討

改正案(草案)を理事会・改正委員会等で検討 理事会・改正委員会等のご意見・ご要望を改正案(草案)に反映

4. 説明会の開催

改正案について、組合員を対象に説明 組合員のご意見・ご要望、改正案の問題点を確認

5. 改正案の調整

説明会の結果を踏まえて改正案の調整 調整後の改正案を理事会で確認 改正案の確定 総会議案の作成

6. 総会の招集

議案(改正案)についての質疑応答 改正案の決議

7. 規約原本の作成

総会決議を経た管理規約を原本化 規約原本の引き渡し

8. 新規約の運用開始

管理規約を全組合員へ配布

管理規約改正をトータルでサポートします

改正草案の作成やアンケート等の実施、説明会・総会等での説明および質疑応答は当事務所がお引き受けします。

ご依頼いただく業務や進め方、ご要望等を理事会でお伺いしてからのお見積りとなります。ご不明な点などはその際にご説明させてただきますが、メール等でのご質問も承ります。
お気軽にお問い合わせください。 ⇒ お申込み・お問い合わせ

なごみ
マンション管理組合のサポート 分譲マンションのあれこれ ご相談の受付・お問い合わせ リンク
なごみ > マンション管理組合のサポート > 管理規約や細則の変更手順