マンション管理士について

マンション管理士の役割

管理会社に対して弱い立場に立ってきた管理組合。
その管理組合に専門知識や経験を補強し、管理組合の立場に立って助言や提案などの支援を行うこと。

国家資格であるマンション管理士が誕生した背景

弱者(マンション管理の素人)である管理組合と、強者(マンション管理のプロ)である管理会社との間でトラブルや紛争などが頻発するようになりました。

しかし、相手方である管理会社には当然相談ができないことから、管理組合の立場で支援する第三者の必要性が顕在化しました。

管理会社もマンション管理士も、どちらも管理組合の利益に資する存在であることに違いはありませんが、このような背景があるため、管理会社とは、立場や支援の方法が異なります。

マンション管理士の法的な定義

マンション管理士の生みの親である「マンションの管理の適正化の推進に関する法律」では、マンション管理士を次のように定めています。

マンション管理士試験に合格し、国土交通大臣の登録を受け、マンション管理士の名称を用いて、専門的知識をもって、管理組合の運営その他マンションの管理に関し、管理組合の管理者等又はマンションの区分所有者等の相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うことを業務(他の法律においてその業務を行うことが制限されているものを除く)とする者をいう。

法律上の業務内容は抽象的です。

当事務所の具体的な業務内容は、理事会に陪席して継続的に支援を行う顧問業務や、合意形成の支援、管理規約の見直し、長期修繕計画の見直し支援、大規模修繕工事の支援などがあります。

お気軽にご相談ください

分からないことは分かる人に訊いていみる。これが解決の早道です。当事務所では、ご相談を無料で承っております。どうぞ、お話をお聞かせください。

マンション管理士 平山晃
マンション管理組合のサポート 分譲マンションのあれこれ ご相談の受付・お問い合わせ リンク
マンション管理士 平山晃 > ご相談の受付・お問い合わせ > マンション管理士について