マンション管理士事務所 なごみ

事務所名称の由来

事務所名の「なごみ」は、漢字の「和」に由来します。

国語辞典に拠ると「和」には、以下の意味があります。 わ ⇒ 互いに相手を大切にし、協力し合う関係にあること。争いをやめること。調和のとれていること。 なごむ ⇒ 気持などがやわらいで落ち着く。

これらは、マンションの居住者間に、また居住環境に求められるものであり、まさにマンションに当てはまるものです。また、業務において関わる人々とこのようにありたい、そうすべく努めなければならない、という想いもあり、事務所名としました。

代表者ごあいさつ

平山 晃 (ひらやま あきら)
1969年(昭和44年)生まれ
マンション管理士登録証番号 : 第0007030032号 
マンション管理士登録日 : 2007年(平成19年)2月16日

主な保有資格・所属団体・その他

マンション管理士 福祉住環境コーディネーター 甲種防火管理者 管理業務主任者 神奈川県マンション管理士会 診断マンション管理士(ご案内:マンション管理適正化診断サービス

管理組合の支援者には法令知識が絶対的に必要

マンション管理組合という団体と、それを構成する区分所有者(組合員)は、ともに建物の区分所有等に関する法律(区分所有法)という法律に規定があり、その義務や禁止行為、意思決定方法などが定められています。つまり、両者とも法定された存在であるため、同法やそれに基づくルール(管理規約・細則等)を遵守しなければなりません。

組合員から発意され、またはマンション管理士や管理会社の担当者(フロントマン他)から受けた提案がどんなに優れていたとしても、管理組合としてそれを行為し、実現するための手続きが法律や管理規約に則っていない場合は、それらは無効となってしまいます。一方、無効な行為をしたとすると、時の役員(理事・監事)がその責任を追求されることにもなりかねません。

適正な管理組合運営のためには、優れた提案は大切ですが、それらを有効に実現するための手続き、すなわち法令遵守が重要です。管理組合の支援者には、法令の理解、特に区分所有法と管理規約を十二分に理解していることが重要であると考えます。

業務受託実績

別画面で表示するにはこちらをクリックしてください。→業務受託実績を表示。

東京・神奈川をはじめ、首都圏各地で業務を行っています

マンション管理士事務所 なごみ
〒 206-0036
東京都多摩市
TEL:042-719-8714
mankan@office753.com

ビジネスパートナー

当事務所は、メルすみごこち事務所と事業提携しています。

なごみ
マンション管理組合のサポート 分譲マンションのあれこれ ご相談の受付・お問い合わせ リンク
なごみ > ご相談の受付・お問い合わせ > 当事務所について